個展・展示会

日本で楽しめる韓国アート!十和田市現代美術館で韓国の芸術家さんの作品に触れてきたレビュー記事

LiNA
LiNA
みなさんこんにちは!LiNA(@LiNA__studio)です。

青森県十和田市にある「十和田市現代美術館」に、韓国の芸術家さんの作品がいくつかあるのはご存知でしたでしょうか?

ちょうど先日「十和田市現代美術館」に足を運んできましたので、実際に展示されていた韓国のアーティストさんの作品を紹介していきます♪

十和田市現代美術館について

美術館の概要

まずは早速「十和田市現代美術館」の概要について公式の情報を元に簡単にご説明いたします。

十和田市現代美術館は「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」とされていて、

草間彌生、ロン・ミュエクなどをはじめとした世界で活躍する33組のアーティストによるコミッションワークにより構成されています。

また、文化芸術活動の支援や交流を促進する拠点として、企画展スペース、カフェ、市民活動スペースなど、多様な機能も持ち合わせている、そんな美術館です。

参考:十和田市現代美術館公式

アクセス

アクセスは下記の通り!

住所:〒034-0082
青森県十和田市西二番町10-9

電話番号: 0176-20-1127

実際に展示されている韓国の芸術家さんは3名!

たくさんの世界中の有名な芸術家さんの作品がある中で、韓国出身の方が3名も参戦しています。

チェジョンファさん「フラワーホース」

まずはこちらのチェ・ジョンファさんの「フラワーホース」から!

十和田市現代美術館19

美術館の建物の庭にどどーんと大きく佇む、たくさんのお花で作られたカラフルな馬のオブジェクトです。

これは外にあって、なおかつかなり大きな作品なので、美術館の中に入らなくても鑑賞できます。

というか黙ってても引き込まれるからすごい。

十和田市現代美術館13

私も目の前に立って見ました。

いやあ。。大きい。。

何日がかりで制作してるんだろう・・・。

というかどうやってこんな大きなもの作るんだろう・・・?

と、ついつい作り方を妄想してしまいました。。

十和田市現代美術館18

一つ一つ敷き詰められたお花のオブジェクトもズームして見てみました。

やっぱり作り方の工程が気になる・・・(そこ)

そして、カラフルだけども一応カラーコンセプトは決めた上で作られてるのかな〜?と思ったりもしました。

遠目で全体を見ると、赤やオレンジ系のものが多いので、温かさや明るさ・賑やかさを強調させる感じで作られた印象です。

と思ったら作られた背景的な内容にもそれっぽいことが書かれていましたo(^▽^)o  ↓  ↓

十和田市現代美術館22

「四季折々に彩る花々の存在、そして十和田市の未来の繁栄を象徴」しています。

未来の繁栄=盛りあっていく・賑やかさ・明るい未来

とまさに繋がりそうですね!

やっぱり使う色で背景や想いは表現されていくものなんだな〜と実感しました。

また、お土産コーナーではチェジョンファさんの作品ブックレット的なのも販売してましたよ〜!

十和田市現代美術館10 十和田市現代美術館11

作者:チェ・ジョンファさんについて

최정화

出所: 월간미술

1961年生まれ、韓国・ソウル出身。弘益大学校卒業。ソウル在住。

1961年韓国生まれ。韓国を代表するアーティストである彼の作品にはすべて強いコンセプトがありますが、明快で親しみやすい表現と鮮やかな色彩をもち、作品の周辺に華やかな空気をうみだします。十和田市現代美術館では、官庁街通り(別名・駒街道)と縁の深い「馬」をモチーフにした、高さ約5.5mの彫刻作品を展示しました。堂々たる体躯とカラフルな色彩は、通りを四季折々に彩る花々の存在、そして十和田市の未来の繁栄を象徴しています。

引用:十和田市現代美術館公式

あの韓国で美術系でも有名な「弘益大学校(홍익대학교)」を卒業されているんですね・・!やはり韓国出身作家の有名どころの弘益卒率は高めです・・・!

また、ジョンファさんは、アート・ディレクションやインテリア・デザインも手がけるなどと国際的に幅広く活動されているそう・・!

キム・チャンギョムさん「メモリー・イン・ザ・ミラー」

お次はキム・チャンギョムさんの「メモリー・イン・ザ・ミラー」です。

メモリーインザミラー

出所:十和田美術館公式

こちらは美術館の館内で閲覧できる作品で、なおかつ暗闇の部屋の中にあるものなのです・・!

写真の中に、額縁があると思いますが、この額縁内の写真というか映像がどんどん変わっていくんです・・!

仕組みとしては、額縁内は普通の白の壁になっていて、そこにプロジェクターで映像を投影している感じでした!

最初は普通に写真かと思ったのですが、見ているうちに人が動いたり景色が変わったりしてびっくりしました!w

制作コンセプトとしては、こんな感じだそうです。↓  ↓

十和田市現代美術館20

投影されていた映像はありふれた日常風景だったんですね♪

是非足を運んだ際は、このブースにも入って実際に自分の目で見て楽しむことをお勧めいたしますo(^▽^)o

作者:キム・チャンギョムさんについて

キムチャンギョム

出所:Korean Artist Project

1961年生まれ、韓国出身。

世宗大学卒業、アカデミア・ディ・ベレ・アルティ・ディ・カラーラ修了。ソウル在住。

1961年韓国生まれ。大学や美術学校で絵画や彫刻を学んだ後、現在は主に映像を用いた作品を制作しています。その作品は、実在するものと映像イメージの間に存在する混同や境界に関心を持つものが多く、観客を非日常へと誘います。展示室に映し出される鏡に現れる風景や人物、水槽の魚は実際に存在するようにも見えますが、みな時間の経過とともに闇の中に消え、それらは光の幻影がつくり出したものにすぎないと気づかされます。

引用:十和田市現代美術館公式

スゥ・ドーホーさん「コーズ・アンド・エフェクト」

最後はスゥ・ドーホーさんの「コーズ・アンド・エフェクト」です。

十和田市現代美術館16

こちらも館内で閲覧できる作品になります。

最初、遠目で見た時は正直

Linaya

なんなんだこの物体は・・・???

と何が何だか理解ができませんでした笑

ですが、もーっと近づいてよーく近くで見ると・・・?!

十和田市現代美術館17

なんと全て人のオブジェクトの連結で作られているではありませんか・・・・!

うおっ!

ってつい声が漏れました笑

それに、ただの赤と白で構成されているわけではなく、上に向かっていくにつれて徐々にグラデーションがかかっているこだわり方・・・!

十和田市現代美術館15

ついつい触ってみたくなっちゃうのですが、こちらの作品、接触禁止です・・!

お気をつけて!><

作品コンセプトはこんな感じ。↓  ↓

十和田市現代美術館21

特に衝撃なのが、

照明の光を浴びてシャンデリアのように輝く作品は、生命の華やかさを感じさせる一方で、常に生と死は表裏一体の関係であり、長い時間の中で連綿と繰り返されていく

という箇所。

華やかさに加えて、生と死・・・こんな深い意味も込められていたんですね・・!

作者:スゥ・ドーホーさんについて

スードーホー

出所:十和田美術館公式Photo by Daniel Dorsa

1962年生まれ、韓国・ソウル出身。ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン卒業、イエール大学美術学部彫刻専攻修了。ニューヨーク在住。

1962年韓国生まれ。1994年より絹やナイロンといった素材を使用し、作家自身の人生の異なった空間の再現に取り組む作品で、高い評価を得ています。十和田市現代美術館では高さ9メートルの最も大きな展示室に、数万体の樹脂製の人型彫刻が肩車をするように、天井から放射状に吊り下げられています。照明の光を浴びてシャンデリアのように輝く作品は、生命の華やかさを感じさせる一方で、つねに生と死は表裏一体の関係であり、長い時間の中で連綿と繰り返されていくという、輪廻転生的な考えをモチーフにつくられています。

引用:十和田市現代美術館公式

もちろんその他にも魅力的な作品が盛りだくさん!

と、ここまで「十和田市現代美術館」で楽しめる韓国人作家さんの作品を中心に紹介してまいりました!^^

もちろん、ここ「十和田市現代美術館」では、その他の有名作家さんたちの魅力あふれた作品にも出会えますよ!

ここからは実際に撮影してきた写真でダイジェストでお届けいたしますo(^▽^)o

十和田市現代美術館14 十和田市現代美術館09 十和田市現代美術館01 十和田市現代美術館08 十和田市現代美術館02 十和田市現代美術館07 十和田市現代美術館06 十和田市現代美術館05 十和田市現代美術館12 十和田市現代美術館04 十和田市現代美術館03

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は、私自身が韓国関連のアート情報に専門で研究発信している関係から

「韓国人作家」の作品に特化したものになりましたが、韓国の作家さんのアートを楽しみたい方はもちろん、そうでない方にもぜひおすすめな美術館です♡

青森に旅行に行った際、またはお近くにお住いの方、はたまたこの美術館目的の方もぜひ一度行ってみてくださいね!

青森までの新幹線チケット、航空券・宿泊先は下記にて予約可能です!

JRとお宿をセットでご予約されるとお得ですよ〜!

リンク🔽



みなさん良い旅をお過ごしください〜

ABOUT ME
LiNA
♥韓国アート専門家/アートデザイニスト/動画編集者♥ 韓国で広告プランナーを経て、現在はフリーで韓国関連コンテンツ企画編集・グラフィックデザイン・イラスト・動画制作・執筆などをして活動しています♪ 活動拠点は、韓国と日本です。 ▶︎LiNAの詳細 ▶︎詳しい活動内容はこちら
運営コンテンツ
韓国アートカルチャーマガジン
↓画像をクリック↓
こりあーと_コンテンツ

韓国のアートカルチャー」を、デザイン・旅・教養・ファッションなど あらゆる切り口から解剖していくマガジン。「韓国のいろんなアート」をLiNA独自の目線でお届けします。マガジンを見にいく

韓国ノマド生活マガジン
↓画像をクリック↓

LiNAの「韓国でのノマド生活」を、仕事・生活・人生などといった、あらゆる切り口からお届けするマガジン。韓国ノマド生活のTIPS日々の学びを独自の目線で記録します。マガジンを見にいく