お役立ち情報

韓国から日本への荷物の送り方|国際スピード郵便(EMS)訪問受付(集荷)がおすすめ【日数・料金なども紹介】

韓国から日本への荷物の送り方_ems
LiNA
LiNA
みなさんこんにちは!韓国でノマド生活中のLiNA(@LiNA__studio)です。
韓国ノマド生活マガジン、今回のテーマは「お役立ち情報」でお届け致します。

韓国長期ノマド生活も終盤に差し掛かり、現地で購入した専門書籍やもう着ない夏服などを先に日本に送ってしまおうと先日、

国際スピード郵便(EMS)訪問受付(集荷)サービスを利用してみたので

今回はその時の一連の流れをシェアしておきます。

帰りの荷物はノマド族らしく、最大限減らしていきたいですからね・・!

ではいきます。

国際スピード郵便(EMS)訪問受付(集荷)の申し込み手順

まず、韓国から日本への荷物の送り方の手段としては国際スピード郵便(EMS)というものがメジャーです。

直接郵便局に荷物も持参して、その場で配送手続きを済ませるというやり方でももちろんOKなのですが、

滞在場所から郵便局までが遠かったり、何より荷物が重すぎて(私)到底持って歩くことは出来ない・・・という場合は、

国際スピード郵便(EMS)訪問受付(集荷)サービス

を利用することをおすすめいたします!

これのサービスは、直接郵便局に出向くのではなく、自宅などの所在地に配達員に来てもらう形のものになります。

受付はネットか電話で直接のどちらかになるのですが、今回はネットでのやり方の紹介になります。

(※ちなみにネットの場合、無料会員登録と電話番号認証が必要なので、外国人登録証で発行した電話番号がない場合、電話受付一択になるので気をつけて下さい><)

韓国インターネット郵便局に会員登録をする

会員登録は、こちらのPCサイトからでも可能なのですが、今回私は会員登録だけ何を思ってかアプリで行ったので、会員登録の画面のみアプリの画面で説明しますw

LiNA
LiNA
ややこしくてすみません;;

まず、画面の赤いボタンの「회원가입(会員登録)」をクリックし、会員登録画面へ飛びます。

EMS_会員登録-2

利用規約同意画面が出てくるので、「전체동의(全体同意)」2箇所チェックを入れます。

EMS_全体同意

上から、名前 (ローマ字全大文字推奨)・希望ID・パスワード・パスワード再入力・電話番号(もしくはEメール)・訪問地住所(滞在先)を入力します。

EMS_詳細

訪問受付を予約申請する

登録が完了したらトップページに戻り、EMS・국제우편(国際郵便)をクリックして〜・・・という感じにもちろんアプリでも申請ができるのですが、

EMS_国際郵便
LiNA
LiNA
私はここで目が疲れて結局PCページから申請をしたので、ここらからはPC画面のキャプチャになります本当にすみませんw

(あ、もちろん会員登録もPCから出来ますよ!)

改めて、PCから申し込みをする際は、先ほどの会員登録情報をもとにこちらでログインを済ませまして

韓国郵便局公式サイトTOPページに飛んで

EMS 예약(国際郵便予約)をクリックします。

EMS_予約

そして次の画面で受取人・差出人の入力をするのですが、絶対に忘れてはいけないチェック事項があります!!!

画面の一番上の項目なのですが、방문접수(訪問受付申し込み)に絶対にチェックをして下さい!!

EMS_訪問受付チェック
これをやらないと、EMS配送自体の受付が完了するだけで、荷物は郵便局まで自分で持っていくことになりますw!

最初は左側の送り人自分の名前と自分の韓国の滞在先の住所を入力します。

EMS_送り人
この住所の場所に、集荷人が訪問しにくるので、絶対間違えないように気をつけて下さい!

住所は、郵便番号を入力すると候補を出してくれるので、自分の住所を選択し、(ちなみに国際配達なので、英語表記で出てきます)

建物名など追加情報を入力して下さい。

次は右側の受取人(日本の送り先)の情報を入力して下さい。(こちらもオール英語表記

EMS_受取人

入力ができると下に訪問希望日時などを入力する箇所が出てくるので、表示されてる中から希望の日時を設定して下さい。

EMS_集荷希望日

お次は荷物の内訳の入力

1つ1つジャンル別に入力するのですが、例えばBook(本)についての情報を入力したら、一度下の赤いボタン:세관신고서 내역 추가(税関申告書 内訳追加)をクリックして、1つずつ追加していきます。

EMS_内容品入力

次は、万が一高価なものを配送する際の保険加入有無のチェック項目なのですが、普通の荷物だったら特にチェックしなくてもOKです。(加入時のみ保険料金が追加されます。)

次は、下の赤いボタン다음(次へ)をクリックします。

EMS_保険有無

すると、경제정보(決済情報)というクレカの内容を入力する欄が出てきますが、これは韓国国内発行のクレカしか使えないみたいなので、日本のものしか持ってきてない場合は未入力のまま신청(申し込み)ボタンをクリックしてOKです。

支払いは、集荷人が訪問しにきた際に、その場で直接することになります。(カード現金どちらも可

EMS_申請ボタン

申し込みが完了するとこのような完了画面が出てくるので、スクショするなりして保管しておきましょう!

受付票

訪問受付当日の流れ

指定の時間に引き渡し・その場で支払いを済ませる

ネット受付した場合は、既に送り先の住所などの詳細情報は登録済みなので、荷物に手書きの札は貼り付けなくてOKです!(貼ってるとむしろいらない!って剥がされます←私)

ちなみに集荷当日は、指定の時間の1時間ほど前から「〜時頃OKですか〜?」と連絡が来るのですが、

「はい」と答えたものの、結局来たのはその時間の30分ほど前ww(いや、遅刻しないのは偉いけど早すぎだろ←)

韓国の配達事情ってこの辺かなり大雑把なので、私もなんとなく察してシャワーとか入らないように待機していたのですが、ドンピシャで予感的中でした・・笑

なので、指定した時間の30分前後はいつでも出れるようにしておいた方が良さそうです。全く←

で、無事に集荷人が訪問しに来たら、荷物を渡してその場で計量します。

その重さに応じて料金が割り出されるので、支払いもその場で済ませます。

訪問受付当日はこんな感じで終了!

集荷完了後はSMSで領収書が届きます

そして、集荷完了後はこんな感じにSMSで領収書が届きます

URLクリックすると確認できます。

EMS領収書

あと、配送準備が完了するとさらにこんな感じのメッセージが届くのですが、ここに表示されているのが追跡番号です!

EMS領収書

日本の郵便局のHPでこの番号を入力すると、日本語でも追跡情報を確認できるので安心です^^

韓国から日本への国際郵便(EMS)のかかる日数や料金【私の場合】

荷物到着

そして気になるのが、日本までどれくらいの日数・料金がかかる?の問題

これはあくまでも私の場合のお話ですが、

条件

  • 送り先:ソウル▶︎日本国内の地方
  • 重さ:10キロほど

かかった日数:3日間

配送料金:9000円代

でした!!

今回は書籍が多めだったので、そのせいでこんなに重くなってしまったのですが、5キロくらいとかだったら4000~5000円くらいが相場なのかな?と思います。

参考までに!

以上、韓国から日本の国際スピード郵便(EMS)訪問受付(集荷)の方法でした!

韓国ノマド生活のあれこれを全て詰め込んだ「韓国ノマド生活マガジン」はこちらです。

私の実体験に基づく韓国ノマドライフを発信ていますので、是非こちらもチェックしてみてください!

🔻こちらのバナーをクリック🔻
韓国ノマド生活マガジン

LiNA
LiNA
ツイッター(@LiNA__studio)とインスタグラム(@linacreative0610)もよろしくです。
ABOUT ME
LiNA
LiNA
♥韓国アート専門家/アートデザイニスト/動画編集者♥ 韓国で広告プランナーを経て、現在はフリーで韓国関連コンテンツ企画編集・グラフィックデザイン・イラスト・動画制作・執筆などをして活動しています♪ 活動拠点は、韓国と日本です。 ▶︎LiNAの詳細 ▶︎詳しい活動内容はこちら
運営コンテンツ
韓国アートカルチャーマガジン
↓画像をクリック↓
こりあーと_コンテンツ

韓国のアートカルチャー」を、デザイン・旅・教養・ファッションなど あらゆる切り口から解剖していくマガジン。「韓国のいろんなアート」をLiNA独自の目線でお届けします。マガジンを見にいく

韓国ノマド生活マガジン
↓画像をクリック↓

LiNAの「韓国でのノマド生活」を、仕事・生活・人生などといった、あらゆる切り口からお届けするマガジン。韓国ノマド生活のTIPS日々の学びを独自の目線で記録します。マガジンを見にいく